最近、新時代の通貨として注目されている仮想通貨。

その仮想通貨を代表しているのが、ビットコインです。

人によってはビットコインを金を超える投資対象とみなしていて、投資対象として年々注目度が高まっています。

しかし、ビットコインはその複雑な仕組みゆえに、特徴について周知されておらず、

・ビットコインって、そもそもどんなものなのか?

・どうやって買うのか?

・どこで買えばいいのか

といった疑問が数多くあるのが現状。

今回はビットコインの仕組みについて、素朴な疑問から購入の仕方まで徹底解説していきます。

1.ビットコインとは?

ビットコインとは一言でいうと、インターネット上にのみ存在する通貨

現物としての形が存在しないため、仮想通貨暗号通貨デジタル通貨とも呼ばれています。

オンラインショッピングはもちろん、普段の買い物でも、お店にビットコインが使用可能な端末があれば普通のお金のように支払うことができます。

2.電子マネーとどう違うの?

以上の話を聞いていると、電子マネーとどこが違うの? 

そんな疑問が出てくるでしょう。

suikaや楽天Edyのような電子マネーとの違いについては、
・発行元が存在しない
・貨幣と交換できる

の2点が挙げられます。

発行元の会社が存在しない

電子マネーの場合、発行元がちゃんと存在しています。

例えばsuicaなら電子マネーをチャージした際はJRが発行元ですし、Edyの電子マネーをチャージ(購入)した場合だと、その電子マネーは楽天が発行元。

電子マネーは発行元が存在することで、発行元の企業が電子マネーを使用できることを保証することで成り立っています。

一方、仮想通貨の場合は発行元、および運営者が存在しません

発行元、運営者がいないとなると、誰がその通貨が使用できることを証明してくれるの?

という話になります。

そこで仮想通貨では暗号化技術を用いて、セキュリティ確保や取引履歴(台帳)の管理が徹底するという信用により、使用できることが保証。

ですので、仮想通貨と電子マネーとの決定的な違いは、

信頼が企業の存在に依存するか、技術に依存するかということになります。

貨幣と交換できる

電子マネーだと、ほかの人への譲渡や払い戻しはできず、お金としての交換価値(換金性)がありません。

一度、貨幣を電子マネーに変えてしまうと、物やサービスを購入することでしか使用できないというデメリットがあります。

仮想通貨なら、今持っている通貨を円やドルに換えることが可能

ご自身でビットコインを購入しても、仮想通貨取引所に売ることで元のお金に戻すこと(換金)ができます。

3.ビットコインの仕組み

ビットコインの最大の特徴が、採用されているシステムの仕組み。

特定の管理者が存在しない通貨なので、国や中央銀行が通貨としての価値を保証してくれません。

そのため、前述の通りビットコイン特有の技術が通貨としての価値を保証しています。

ビットコインで採用されている技術は次の3つ。
・ブロックチェーン技術
・プルーフオブワークシステム
・マイニング(採掘)

・ブロックチェーン技術

ブロックチェーンとは、 わかりやすくいうとビットコインの取引履歴

つまり、ビットコインをどのアドレスからどのアドレスに送ったかを記録するデータベースということになります。

そのデータは一つの場所に保存されるのではなく、 取引記録はビットコインのネットワークに参加しているコンピュータに分散されて保存されています。

ブロックチェーンは、取引記録を一つのブロックにまとめて、そのブロックをチェーンのようにつなぎ合わせて保存したもの。

ちなみに取引記録は暗号化した上で保存されます。

これで意図的にデータを変更、改ざんすることが不可能になります。

プルーフオブワークシステム

プルーフオブワークとは、コインの偽造を防ぐ仕組み

膨大な計算を行うことで、ビットコインのセキュリティ保護を担うシステムになります。

ビットコインの取引単位がブロック。

ブロックには送金額や送信者自身の取引情報のほか、ノンスと呼ばれる使い捨てのランダム変数が含まれています。

例えば送金リクエストがあると、それを受け取る役目の別の参加者に送金データが送られます。

そこでは、この送金リクエストが間違っていないかを検証できるようになっています。

次にこのリクエストが正しく支払い済みと認識させるため、ビットコインのネットワーク上の参加者に計算問題を解かせるやり方で競争させます。

このときに使われる変数が、先ほど出てきたノンス。

正しいノンスを導き出すには、その計算は総当り式で行わなければならず、プルーフオブワークとはこの膨大な計算の連続なのです。

つまり、膨大な計算をさせることで、コインの偽造を防いでいます。

・マイニング(採掘)

プルーフオブワークで問題を一番早く解き、演算結果を提出した人がビットコインの取引記録保存のシステムに参加可能。

その報酬として、ビットコインを発行してもらえます。

この、プルーフオブワークシステムに参画し、報酬としてビットコインを発行してもらうとことをマイニング(採掘)といいます。

4.ビットコインの買い方

ビットコインはインターネット上にある取引所と呼ばれる仮想通貨を売買するところで購入可能。

銀行振込などで日本円を送って欲しい通貨に交換することで始められます。

必要なものと購入するまでの道のり

取引所の口座を解説するにはメールアドレスと、免許証などの本人確認書類が必要。

ここではCoincheckを例に開設手順を紹介しますが、どの取引所もほとんど変わりません。

まずはメールアドレスとパスワードを入力してアカウントを作成します。

Coincheckの場合はFacebookアカウントでも作成することができます。

作成後、登録したアドレス宛てにメールでURLが届くので、設定したパズワードでログインを行ってください。

アカウント登録後は、本人確認書類の提出が必要。

ご自身の免許証やマイナンバーカードなど本人確認書類を写真に撮ってアップロードしてください。

本人確認書類が確認できたら住所確認のため、後日簡易書留でハガキが届きます。

これを受け取り、本人確認が完了すれば、ようやく仮想通貨を購入できます。

入金の仕方

口座開設さえすれば、日本円を入金して仮想通貨を購入できます。

どの取引所も入金というメニューがあるので、そこから入金を行います。

銀行振込が一般的はもちろん、取引所によってはコンビニ入金クレジットカードでの購入が可能。

住信SBIネット銀行に振り込む取引所が多いので、住信SBIネット銀行の口座があると手数料無料で、土日も入金できて非常に便利!

入金が完了して口座に反映されれば、無事に仮想通貨が購入終了。

仮想通貨を買う時に気を付けること

①2段階認証を必ず設定する

仮想通貨の取引所に登録したら、まずは2段階認証の設定をしましょう。

設定するのとしないのとでは、セキュリティの強度が全然違います。

②ウォレットを活用する

ウォレットとは、仮想通貨用の財布のこと。

ビットコインは、取引所にある間はただの数字であり、ウォレットに入れて初めてあなたのものになります。

5.ビットコイン取引におすすめの取引所

coincheck(コインチェック)

coincheck(コインチェック)は2014年に設立した取引所。

ビットコイン以外にもイーサリアム、イーサクラシック、ファクトム、リスク等幅広く取引をすることができるのが特徴。

スマホアプリでも簡単に売買でき、ウィジェット機能で手軽に価格が確認できます。

また不正ログイン被害にあっても最大100万円補償される制度あります。

URL:コインチェックの公式サイト

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer(ビットフライヤー)は日本初のビットコイン取引所として2014年からサービスの提供を開始しました。

日本最大級の取引量を誇っており、富な資金力を背景にサービスやセキュリティを高めています。

ビットフライヤーの魅力は、買い物や旅行の予約、クレジットカードの発行などで、無料でビットコインがもらえるサービス。

さらにビットコインを家電やブランド小物、商品券などに交換できるサービスもあります。

URL:ビットフライヤーの公式サイト

BITPoint(ビットポイント)

BITPoint(ビットポイント)は株式会社リミックスポイントの子会社として2016年に設立されました。

上場企業の子会社であり信頼性が高く、CTOに元楽天証券のシステム本部長が就任するなどセキュリティ面での優位性もあります。

また日証金信託銀行による顧客資産の保全があることも大きな強みです。
URL:ビットポイントの公式サイト

bitbank(ビットバンク)

bitbank(ビットバンク)は2014年に設立された取引所。

世界最大級の取引所であるOKCoinと提携しシステム連携をしています。

日本からでもOKCoin上で取引ができるため、先物取引が可能になっているのが特徴です。
URL:ビットバンクの公式サイト

Zaif(ザイフ)

Zaif(ザイフ)は2014年に設立された取引所。

取引手数料がマイナス0.01%に設定されており、取引をすることにより手数料をもらえるのが特徴。

取り扱っている仮想通貨はビットコイン以外にも、モナコインやネムがあることも魅力になっています。
URL:ザイフの公式サイト

6.おわりに

以上、ビットコインにまつわる仕組みと購入について解説しました。

上記の内容を把握しておけば、ビットコインの概略はつかめると思います。

またビットコインをはじめるにあたっては、

・仮想通貨の特徴を知る
・どんな仮想通貨があるのかを知っておく
・講座を開設しておく
・実際に少額で買ってみる

といったことを念頭に置いておくといいでしょう。

関連キーワード
  • ビットコイン決済システムを導入する方法
  • ビットコイン決済 [coincheck payment]を活用しよう
  • bitFlyer Lightningとは? 見方と使い方
  • ウォレットで仮想通貨(ビットコイン)を管理しよう おすすめも紹介
  • 不審な勧誘が急増 ビットコイン投資で気を付けること
  • 騙されないで! 仮想通貨のネットワークビジネスに要注意
  • 可能性は無限大! 仮想通貨のビジネスモデル・チャンスを解説
  • マイニング投資ってなに? そのしくみとやり方を徹底解説!
おすすめの記事