スイスの国民投票で10日、「ソブリンマネー・イニシアチブ(構想)」が反対多数で否決された。

同構想は、従来の「部分準備銀行制度」において民間銀行が行ってきた、十分な資本基盤なき信用創造を防ぐため、通貨創造・管理機能を国立であるスイス中央銀行(中銀)に集中させ、債務削減や経済安定を狙うというもの。

フィナンシャル・タイムズによると、中銀のジョーダン総裁は、同構想をスイス経済に深刻な打撃を与える「不必要で危険な実験」とし、「可決されれば中銀の業務を複雑化させる」と懸念していた。他方、ロンドンに拠点を持つ金融システムの研究機関「ポジティブ・マネー」の幹部ボエイト氏は、「約4分の1(24.3%)もの賛成を得られたことは、金融システム改革に確かな需要を示した」とコメント。また、ソブリンマネー・キャンペーンの広報ドーネイ氏は、反対派の強さを考えたら今回の結果は「とても満足」とし、少なくとも金融システムに対する人々の認識を高めることができたと前向きに捉えている。

米デジタルメディアのクオーツは、金融危機に対して、仮想通貨のように非中央集権的な金融システム構築を唱える流れがある一方で、中央集権を強化する真逆の流れがあり、同構想は後者に該当すると分析。

仮想通貨の関連記事
  • ボストン大学研究者、依然ICO投資家は平均82%の利益を得ている
  • スイスで中央銀行の権限強化を目指した「ソブリンマネー」が国民投票で否決される
  • 仮想通貨関連の新たな規制草案をカナダ政府が発表 マネーロンダリング対策が狙い
  • 【最新仮想通貨】NANASHI(ナナシ)とは?国産コインに重きを置いた新しい取引所を作る仮想通貨
  • 【速報】バイナンスが"USDTではない"本当のドル建てに対応
  • 仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH)を預けるウォレットはどこがおすすめ?アプリ・使い方・送金方法・バックアップについてのまとめ
  • 仮想通貨ジーキャッシュ(Zcash)を預けるウォレットはどこがおすすめ?アプリ・使い方・送金方法・バックアップについてのまとめ
  • 仮想通貨リスク(LISK)を預けるウォレットはどこがおすすめ?アプリ・使い方・送金方法・バックアップについてのまとめ
おすすめの記事
bitFlyer
最近インターネット上で広告やCMを見かけることが多くなった、国内大手仮想通貨取引所のビットフライヤー。 そんなbitFlyer(ビットフライ...