仮想通貨を保管する際はウォレット(財布)が必要。

ウォレットは銀行口座のようなもので、ビットコインなどの仮想通貨を安全に保管。

また、資金の移動の際は相手のウォレットを指定して送金をしたりします。

今回は仮想通貨のウォレットについて、作成の仕方からおすすめまでご紹介!

1.ウォレットってなに?

ウォレットとは文字通り、財布の役割を果たすもの。

仮想通貨を所持した場合には、このウォレットで保管するのが一般的。

銀行からお金を下ろしたら自分のお財布にお金をしまうように、仮想通貨を取引所から購入したら、自分のウォレットにしまうのです。

仮想通貨を欲しがる人はたくさんいますし、最近では自分の購入した仮想通貨をハッキングして盗まれる被害も増加傾向。

以上のことから、個人でウォレットを持っておいたほうが安全でしょう。

2.取引所で保管しておいてもいいのでは?

すでに仮想通貨を購入した方であれば、取引所を利用したと思います。

自分が仮想通貨を購入して取引所に預けていたら安全なのでは、と考えるかもしれません。

しかし、意外とそんなことはないのです。

確かに信頼できる大手の取引所であればある程度は安全でしょう。

それでも自分の所持している仮想通貨が盗まれる可能性は決して低くはありません。

実際、イーサリアムやリップルの価格が上昇した時に、大手の取引所に預けていた人がハッキングの被害にあった事例が存在。

ハッカーから見れば、取引所に自分の仮想通貨を置いているのは、外でお金が落ちているのと同じような感覚でしょう。

仮想通貨を購入したのであれば、必ず自分のウォレットに保管しておくことが大切です。

3.ウォレットの種類

ウェブウォレット

ウェブウォレットは、秘密鍵をインターネットのサーバーで保管することで仮想通貨を管理。

利用者が、ウェブウォレット提供会社にアカウントを作成すると、そこに仮想通貨のアドレスと秘密鍵が保管(新規作成)されます。

インターネット上に秘密鍵があるので、どのパソコンやスマホからも共通でアクセス可能。

また簡単な操作で暗号通貨を入出金できて非常に便利。

しかし、他のウォレットに比べてハッキングで盗まれたりなど、不正行為が発生するリスクが高め

仮想通貨取引所は、このウェブウォレットの一種といえるでしょう。

モバイルウォレット(ウォレットアプリ)

スマホに仮想通貨のアドレスと秘密鍵を保管することで仮想通貨を管理できる、アプリ形式のウォレット。

取引所が提供しているスマホアプリもこれに該当します。

秘密鍵は自分が所有するスマホで保管するので、ウェブウォレットよりも安全性は高め。

しかし、インターネットに繋いでいる場合は、ハッキングのリスクは低くはありません。

また取引所やウェブウォレット提供会社は、パスワードを忘れても再発行してくれます。

これがモバイルウォレットだと、パスワードを忘れたり、スマホを失くしてしまったりする場合は、仮想通貨を取り出せなくなる恐れも。

ビットコインなどを使用した決済は、この形式のウォレットで行うことになります。

ハードウェアウォレット

ハードウェアウォレットは、パソコンやスマホを使わず、専用のデバイス(パソコンとUSB接続)で仮想通貨のアドレスと秘密鍵を保管

入出金やメンテナンス以外は、完全にネットワークから切り離されますので安全面では一番でしょう。

デバイスによっては故障・紛失などの場合でも復旧することが可能。

ハードウェアウォレットはアマゾンや販売元のサイトなどで数千円から数万円で購入することができます。

ペーパーウォレット

ペーパーウォレットは、秘密鍵をQRコードとして紙に印刷して保管

ハッキングや不正行為の心配は全くありませんが、印刷した紙自体の保管に注意しなければなりません。

印刷した紙を紛失したり、QRコードが読み込めなくなった場合は、暗号通貨を紛失することになります。

ちなみに印刷サービスを提供しているサイトで印刷し、モバイルウォレットなどでQRコードを読みとることで復元できます。

4.おすすめの仮想通貨(ビットコイン)ウォレット

breadwallet

breadwalletはiOS・Androidの両方に対応したモバイルウォレット。

アメリカの企業が運営するモバイルウォレットですが、日本語対応もされておりシンプルでわかりやすいインターフェイスが特徴。

秘密鍵を使用端末で保存するので、管理会社がハッキングされたとしても自身のビットコインが盗まれるリスクはありません。

ちなみにビットコインの単位がBTCではなく「b」と表記されているのでご注意ください。

Jaxx

Jaxxはウェブ、モバイル両方に対応しているウォレット。

ビットコインをはじめ、イーサリアム・オーガー・ライトコインなど数多くの仮想通貨に対応

特別な機能がなく、シンプルで使いやすいのが特徴。

暗号通貨送受金や仮想通貨の単位の変換、ペーパーウォレット作成ができます。

秘密鍵(プライベートキー)の表示もできますので管理には十分に気を付けましょう。

LedgerNanoS

リップルの保管に対応しており、需要を一気に拡大させたことで有名なハードウェアウォレット。

USBフラッシュメモリほどの大きさしかなく、充電不要、USB接続であり便利。

保管・管理ウォレット画面が非常にシンプルで、一番使い勝手がよく、仮想通貨初心者におすすめ。

国内取引所のZaifを運営するテックビューロ社が輸入代理店となっており、Zaifのサイトに日本語マニュアルが公開されています。

ビットコイン・イーサリアム・イーサリアムクラシック・リップル(XRP)の保管なら、LedgerNanoSがおすすめ。

LedgerNanoSの購入先はコチラ

TREZOR(トレザー)

TREZOR(トレザー)は、充電不要、USB接続に対応した小型ハードウェアウォレット。

ウォレットの管理はグーグルクロムブラウザ上で行うタイプで、PCにインストールする必要ナシ

日本語にも対応していて、ビットコイン・イーサリアム・Dash・ライトコインなどの管理はすぐに慣れると思います。

保管通貨の切り替えについては、LedgerNanoSだと通貨ごとにアプリを起動させるないといけないので面倒。

TREZORならブラウザ上で切り替えができるので楽々。

また日本語マニュアルも用意されています。

TREZORの購入先はコチラ

5.おわりに

以上、仮想通貨の保管に必要なウォレットについて解説しました。

オフラインでの保管が理想ですが、紛失などのリスクや管理が面倒なことも。

決済はオンラインウォレット、長期間保有はオフラインウォレットなど、用途によって使い分けるといいでしょう。

  • Ledger Nano S(レジャーナノS)とは?話題のハードウェアウォレットの使い方・購入方法を解説
  • イーサリアムクラシック(ETC)ウォレット おすすめを紹介
  • 仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH)を預けるウォレットはどこがおすすめ?アプリ・使い方・送金方法・バックアップについてのまとめ
  • 仮想通貨ジーキャッシュ(Zcash)を預けるウォレットはどこがおすすめ?アプリ・使い方・送金方法・バックアップについてのまとめ
  • 仮想通貨リスク(LISK)を預けるウォレットはどこがおすすめ?アプリ・使い方・送金方法・バックアップについてのまとめ
  • 仮想通貨Moneroとは チャートや取引所、今後の将来性など
  • MyEtherWallet(マイイーサウォレット)の使い方を解説
  • 仮想通貨Zcashとは チャートや今後の将来性、ウォレットも紹介
おすすめの記事
bitFlyer
最近インターネット上で広告やCMを見かけることが多くなった、国内大手仮想通貨取引所のビットフライヤー。 そんなbitFlyer(ビットフライ...
ICO
ビットコインやリップルなどの高騰で注目を集める仮想通貨。 そんな中、最近注目を集めているのが未公開の仮想通貨を購入すること。 今回は未公開の...