ビットフライヤーは国内最大手の仮想通貨取引所。

簡単取引所など初心者にもわかりやすい取引環境が整っているのはもちろん、ビットコイン現物売買と似たようなトレードが可能。

つまり、仮想通貨を利用したレバレッジ取引(FX)ができるのです。

今回はビットフライヤーにおける、レバレッジ取引のやり方について徹底解説。

ビットフライヤーの口座開設についてはコチラ

1.レバレッジ取引(FX)をやるには

bitFlyerでは、bitFlyer Lightningを利用することでレバレッジ取引を行うことが可能。

まず、画像左のメニューからbitFlyer Lightningを選択してください。

bitFlyer Lightningでは現物取引に加えて、Lightning FX(FX)Lightning Futures(先物)が利用できます。

2.証拠金を補充する

bitFlyer Lightningをクリックすると、画面の左上に横三本線が書かれたボタンが表示されています。

こちらがメニューボタン。

ここをクリックすると様々なメニューが表示されるので、中央にある「入出金」をクリックして下さい。

入出金とは、ビットフライヤーの現物口座からレバレッジ(FX)取引で使用する口座への資産の移動のこと。

評価証拠金

レバレッジ取引口座に入金している金額のこと。

レバレッジ取引の結果で増減します。

預入証拠金

証拠金口座に預け入れている金額のこと。

ビットフライヤーに振り込んだ円やビットコインも証拠金として利用可能。

ちなみにビットフライヤーに円がいくらあるか知りたいときは、画面右上の円マークを確認してください。

中央にあるのがビットフライヤーの現物口座に入っている日本円の残高。

右側はレバレッジ口座に預けている証拠金の資産額。

左側は現物で保有しているビットコインの数量を表しています。

引出可能

証拠金口座から現物の口座に戻すことができる金額を表示。

ちなみに証拠金口座から直接円を引き落としすることは出来ません。

そのため円の引き出しやビットコインを他の取引所に移動したい場合は、現物口座に移動させる必要があります。

3.レバレッジ取引(FX)をやってみよう

レバレッジ板を表示する

ビットフライヤーでは、現物とレバレッジ(FX)の取引板が分かれています。

レバレッジ取引を行う場合はbitFlyer Lightning画面の上方、左から2番目にある「BTC-FX/JPY」をクリックして下さい。

レバレッジ倍率の設定

メニューの「設定」を開くと、レバレッジ倍率の設定が可能。

1倍・2倍・3倍・5倍・10倍・15倍から選ぶことができます。

ビットフライヤーではレバレッジは最大15倍

15倍というレバレッジ倍率は値動きの激しいビットコイン相場において非常にハイリスクハイリターンな倍率。

レバレッジ取引初心者の方は、相場や取引に慣れる為にも3倍などの低い倍率から始めてみましょう。

発注数量の設定

メニューの「設定」を開き、発注数量の設定を行います。

自身の取引単位に応じてよく使う数量を選択することが可能。

ちなみに、CLEARは含めておいたほうが操作性が向上するので必ず選択しておきましょう。

注文ボタンの配置

注文ボタンの配置の設定「買い」のボタンを左側にするか右側にするかを選択が可能。

ご自身が使い慣れているほうに設定しておきましょう。

コインチェックなど他の取引所も使用している場合は、他の取引所と合わせておくと誤発注を防ぐことができます。

4.仮想通貨を買ってみる

仮想通貨の注文は画面中央にある上記画像の箇所で行います。

注文方法は大きく分けて、指値注文成行注文特殊注文と3パつ。

指値注文

指値注文は、金額を指定して注文する方法。

指定した価格に達しない限り、注文は成立しません。

成行注文

成行注文は、いくらでもいいから買い(売り)たいときに出す注文方法。

買いのときは最も低い「売り注文」に約定し、「売り注文」のときは最も高い「買い注文」に約定。

指値よりも注文が優先されるため、相場が急変している時などに使えます。

特殊注文

特殊注文には、指値と成行以外にストップ注文ストップリミット注文トレーリング・ストップ注文と3パターンが存在。

ストップ注文は、トリガー価格を基準に売買を行う注文のこと。

トリガー価格以上(以下)になると、成行注文が出されます。

ストップ・リミット注文は、ストップ注文の指値注文のこと。

トリガー価格以上(以下)になると指値注文が出せます。

トレーリング・ストップ注文は、値動きに合わせてストップ注文のトリガー価格が自動的に更新されるストップ注文のこと。

特殊注文はやや複雑ですので、初心者の方は指値注文か成行注文から始めてみましょう。

5.注文状況を確認したい

注文をやってみたら、その注文がちゃんと成立したか確認してみましょう。

Lightning画面の左下に注文状況を確認する箇所があります。

「注文」の欄に表示されている注文は未成立の注文

また成立した注文については、Lightning画面下の「取引履歴」に表示されます。

6.おわりに

以上、ビットフライヤーのレバレッジ取引(FX)を解説しました。

最大15倍のレバレッジ取引ができて利益を生む可能性がある一方、思わぬ損失を出すこともあります。

レバレッジ取引をする際は、許容できる範囲の金額で売買を行うようにしましょう。

  • コインチェックでレバレッジ(FX)取引をやってみよう
  • ビットフライヤーのレバレッジ取引を基本から解説
  • bitFlyer Lightning(FX)の詳しい使い方
  • bitFlyerのチャートの見方・使い方
  • ビットフライヤーでレバレッジ取引(FX)をはじめよう
  • bitFlyer Lightningとは? 見方と使い方
  • ビットバンクってどう? メリットや評判などを徹底解説!
おすすめの記事