ビットコインなどの高騰で盛り上がりを見せる仮想通貨。

最近では、コインばかりではなくトークンの注目度も上がっています。

今回はその中でも、注目度が高まりつつあるBCY(Counter Party カウンターパーティー)をご紹介。

トークンの特徴や購入方法、今後の将来性などを解説していきます。

XCP(Counterparty)とは

XCPとは、2014年に誕生したCounterParty(カウンターパーティー)によって発行されているトークンのこと。

CounterPartyとは、ビットコインのブロックチェーン上に情報を書き込むことで独自の金融サービスが提供できるプラットフォーム

つまり、XCPは誰もがブロックチェーン技術を使用し、開発するためのトークンになります。

発行枚数は、264万枚と他のトークンやコインと比べて少ないのが特徴。

発行当時、Proof of Burnという発行枚数を調整する仕組みを導入したことで話題になりました。

イーサリアムと同じプログラミング言語を使用しており、ビットコインのブロックチェーンを使用しながらスマートコントラクトを実行できます。

またXCPは金融庁のホワイトリスト入りの通貨でもあります。

XCP(Counterparty)の3つ特徴

特徴①Proof of Burnを採用している

前述の通り、XCPはProof of Burn(POB)という仕組みを採用。

これはXCPを手に入れるために、誰にも分らない秘密のアドレスにコインを送金し、その報酬としてXCPトークンを受け取るという仕組み。

いったん送信先のアドレスに送られたコインは取り出すことができません。

ビットコインを消費する分だけXCPが新しく発行。

マイニングとは逆の手法であり、コインを消滅させる取引を記録し、新しいトークンを発行します。

特徴②独自のトークンを発行できる

XCPの最大の特徴としては、XCPを消費して独自の仮想通貨(トークン)を発行できてしまうこと。

会社が発行する株式をイメージするとわかりやすいでしょう。

株よりも発行や入手が簡単。

また発行元の規模や用途を限定しないところもトークンのいいところ。

XCPを消費することで、独自のトークンを作成できるのですが、これらのトークンはXCPと引き換えに作成されるためその価値が保証。

XCPを利用したトークンとして、PEPECASHが挙げられます。

PEPECASHは、レアペペと呼ばれるトレーディングカードの取引に使用。

コアなユーザーが多く、2017年以降から時価総額が上がったため、XCPによる独自トークンとして注目を集めています。

特徴③豊富な機能を実装している

またXCPには、上記以外にも様々な独自機能を搭載。

機能としては、分散型取引所(DEX)、ギャンブル、ペイメントチャネル、投票、マルチシグニチャなど。

特にギャンブルではブロックチェーン技術を活用することによって、意図的に改ざんすることができません。

透明性と公平性が保証されているので安心して賭けを行うことができます。

日本にカジノができた際、XCPが活用される場面が出てくるかもしれません。

XCP(Counterparty)のチャート・価格推移について

2018年1月現在の価格は、1XCP=5,340円ほど。

昨年はPEPECASHのホワイトリスト入りXCPのアップデートがあり、価格は上昇。

今後XCPやその機能に関する話題が出てくると、再度高騰するかもしれません。

Webサイトやtwitterなどで今後の動向を逐一チェックしておくといいでしょう。

XCP(Counterparty)を購入できる取引所について

XCPを購入できる取引所は、国内ではZaifのみ。

ZaifならzaifトークンやCOMSAなどさまざまなトークンを購入することが可能。

またビットコインの売買手数料もマイナス0.05%であり、とてもお得です。

XCP(Counterparty)をZaifで購入しよう

それでは、Zaifを利用した具体的な購入方法をご紹介。

XCPを購入する順番としては「アカウント口座開設」→「現金の入金」→「仮想通貨を選んで購入」という3つのステップで購入することが可能。

Zaifのアカウント(口座)を開設しよう

購入するためには、まずZaifアカウント・口座が必要であるため、ユーザー登録、本人確認などをしなければなりません。

Zaifの口座開設動画はコチラ

XCPの購入方法

Zaifの公式サイトへ移動して、「取引所はコチラ」ボタンをクリック。

ビットコイン(BTC)取引所に移動するので、左上にある「BTC/JPY」タブをクリック。

すると様々な仮想通貨を選べるタブが表示されるので「トークンタブ」をクリック。

トークンタブをクリックすると「XCP/JPY」「XCP/BTC」が表示されます。

日本円建てで購入したい方は「XCP/JPY」

ビットコインで購入したい方は「XCP/BTC」をクリック。

クリックすると右に取引フォームが表示されるので、「レート」、「数量」を入力して「買い注文」ボタンをクリックします。

後は取引が成立すれば、無事に購入完了。

XCPの売却方法

XCPを売る場合も、購入する場合と同じで、トークンページに移動。

右側のフォームの「XCPを売る」タブを開いたら、「レート」「数量」を入力して「売り注文」ボタンをクリック。

取引が成立すれば、売却は完了です。

XCP(Counterparty)のウォレットについて

XCPはもちろん取引所で保管しておくのもいいですが、より安全に保管しておくためにウォレットを活用するといいでしょう。

おすすめは、IndieSquareWallet

スマホアプリなので、簡単に管理することができます。

XCP(Counterparty)の今後の将来性について

XCPは次の理由から将来性があるといいでしょう。

期待できる点①新規発行されない

XCPは新たに発行が行われないため、価格が高騰しやすいでしょう。

既に発行上限数の264万枚が発行されていますが、PEPECASHなど各トークンはXCPを消費して作成。

XCPや他のトークンが利用されるほど、XCPが市場から少なくなっていくので、その価値が高まっていくでしょう。

期待できる点②他のトークンと連動している

XCPの動向を把握しておくには、PEPECASHやBitcrystalsなど他のトークンの動きに注目しておく必要があります。

これらは特定のコミュニティーでの利用に限定されていますが、今後のコミュニティーの拡大によって大元のXCPが高騰するかもしれません。

XCP(Counterparty)はこれからの高騰が期待される仮想通貨

以上、注目のトークンXCPについて解説しました。

価格は乱高下しているものの、平均値は上昇中。

今後は発行枚数も少なくなるので、高騰していくでしょう。

XCPに資金を集中させるのではなく、複数のコインと合わせて分散投資するのがおすすめ。

XCP, 取引所の関連記事
  • XCPってどんな仮想通貨?将来性や取引所について
おすすめの記事