仮想通貨取引所を選ぶ上で重要なのは、売買手数料。

たった数%違うだけで、取引額が100万円なら2~3万もの利益の違いが出てしまうことも。

今回は仮想通貨取引所での様々な手数料を徹底比較。

日本円の入出金からレバレッジ取引、ビットコインやイーサリアムなどの預入と送付まであらゆる手数料を解説していきます。

1.手数料について

国内外問わず、仮想通貨取引所を選ぶ上で手数料は重要な基準でしょう。

取引ををしてプラスになるかマイナスになるかは、取引してみなければ分かりません。

しかし、手数料はどんな取引結果であれ必ず支払うもの。

手数料は少ないに越したことはありません。

以上のことから、各種手数料について国内7ヵ所の取引所を比較してみましょう。

2.比較する取引所

今回は以下の8つの取引所について比較。

他の取引所についても、随時追加していく予定です。

bitFlyer
Coincheck
Zaif
bitbank
BITPoint
GMOコイン
QUOINEX
BitTrade

3.入出金手数料

口座を作ったら、まずは入金。

そして、差益が十分に獲得できたら最終的には出金します。

そこで入出金にかかる手数料を比較してみましょう。

取引所入金(クイック入金)手数料出金手数料
bitFlyer無料(320円)216円~756円
Coincheck無料(754円~) 400円
Zaif 無料350円~756円
bitbank 無料540円~756円
BITPoint 無料無料
GMOコイン 無料無料
QUOINEX 無料 540円
BitTrade 無料 648円

入金は基本的に無料ですが、振込手数料はお客様負担となります。

bitFlyerCoincheckZaifbitbankBITPointGMOコインをご利用の場合、住信SBIネット銀行を利用すれば振込手数料が無料になります。

出金時にはGMOコインBITPoint以外は、各社手数料を取る模様。

またbitFlyerとCoincheckにはクイック入金というものがあり、振込したら即時口座に反映される入金方法。

各社とも入金時に手数料を取っています。

4.仮想通貨の出金手数料(送金手数料)

取引所によっては、仮想通貨の入出金(預入れ・支払い)時に手数料がかかる場合があります。

出金手数料の比較は次の通り。

取引所入金手数料出金手数料
bitFlyer無料0.0005BTC
Coincheck無料0.0005BTC
Zaif無料0.0005BTC
bitbank無料 0.001BTC
BITPoint無料無料
GMOコイン無料無料
QUOINEX無料無料
BitTrade無料 0.0005 BTC

5.現物取引手数料(売買手数料)

一般的に手数料というと、取引手数料のことを思い浮かべるでしょう。

取引所を選ぶ基準として、取引手数料が安い取引所というは重要なポイント。

国内の仮想通貨取引所8社の取引手数料をまとめてみました。

取引所取り扱う通貨手数料
bitFlyer BTC/ETH/ETC/MONAなど0.01~0.15%
Coincheck BTC/ETH/XRP/XEMなど無料
ZaifBTC/ETH/XEM/MONAなど-0.01%
bitbankBTC/ETHなど – 0.05%~0.05%
BITPointBTC/ETH無料
GMOコインBTC/ETH/BTCなど無料
QUOINEX BTC/ETH/XRPなど無料
BitTradeBTC/ETH/XRPなど 0.2%

現物取引で最も手数料がやすいのはZaifでしょう。

ビットコイン取引だとマイナス手数料であり、売買が成立すれば取引額の0.01%がボーナスとして入ります。

取引額が少ない方や取引の頻度が少ない方に関しては、手数料も数十円から数百円ほどなので、Coincheckがおすすめ。

6.レバレッジ取引手数料

レバレッジを利かせた取引の手数料について比較してみましょう。

レバレッジを利かせた取引では、少額で大きな額の取引ができるのが特徴。

取引所手数料
bitFlyer無料
coincheck実質0.04%~0.05%
Zaif(信用取引)実質0.04%~0.05%
BITPonit実質0.035%
GMOコイン無料

レバレッジ取引手数料で有利なのは、bitFlyerGMOコインの2社。

このレバレッジ取引では、取引手数料のほかにスワップポイント(取扱手数料)の支払いが必要。

bitFlyerであれば、スワップポイントの受払いが確定する時刻は0時0分

取引を開始してから00時00分よりも前に決済すれば、取引手数料は無料

またGMOコインの場合は、ニューヨーククローズの時間を基準にして、レバレッジ手数料が加算されます。

CoincheckBITPointは売買手数料は無料ですが、取引開始時に日々の手数料を支払う必要あり。

Zaif信用取引手数料は無料ですが、借入手数料が0.039%必要。

注文を出した時点で支払いが確定するので、取引が成立していないと手数料だけ支払うことになりかねません。

7.金利(スワップ等)手数料

金利手数料についても比較しましょう。

これは、取引を開始してから1日を経過するごとに必要な費用のこと。

「BTC買い」はビットコインを買う場合、「BTC売り」はビットコインを売る場合を意味します。

取引所BTC買いBTC売り
bitFlyer0.04%0.04%
coincheck0.04%0.05%
Zaif0.039%0.039%
BITPonit0.035%0.035%
GMOコイン0.05%0.05%

8.おわりに

以上、国内取引所8社の手数料を比較しました。

これから仮想通貨取引を始める方も、他の取引所を利用してみたい方も参考にしてみてください。

2018年最新版の取引所まとめはこちら!

仮想通貨取引所の選び方【2018年最新版】|安心して使える仮想通貨取引所を徹底比較調査
2018.4.16
皆さんは、仮想通貨の取引所をどのようにして選んでいますか? 今から仮想通貨を始めたいと思っているけど、どこを選べばいいのかわからない…。 仮想通貨取引所のアカウントを持っているけど、今使っているとこよりもいいところはあるの? そんなお悩みを持ったあなたのために、国内の仮想通貨取引所を徹底調査してきま...…

取引所の関連記事
  • BitTrade(ビットトレード)の魅力や手数料、評判を解説
  • XCPってどんな仮想通貨?将来性や取引所について
  • 仮想通貨BitCrystals(ビットクリスタルズ、BCY)を解説
  • GMOコインでレバレッジ取引をする方法 ロスカットや証拠金も解説
  • PEPECASH(ぺぺキャッシュ)のチャートや使い道、今後の将来性
  • ビットコインFXに特化 GMOコインのアプリ[ビットレ君]の使い方
  • GMOコインでアフィリエイトは可能?
  • 話題のGMOコインとは? メリットや口座開設、評判など
おすすめの記事
bitFlyer
国内最大手の取引所である、ビットフライヤー。 そんなビットフライヤーは、ビットコインを使用したFX取引ができるシステム、bitFlyer L...