今後注目の仮想通貨ICO一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ビットコインやリップルなどの高騰で注目を集める仮想通貨。

そんな中、最近注目を集めているのが未公開の仮想通貨を購入すること。

今回は未公開の仮想通貨を購入できるICOで、特におすすめしたいICOをご紹介します。

1.ICOとは?

株式市場でいうところのIPO

仮想通貨は基本的に、仮想通貨の取引所と言われるWEBサイトにて、一般の人が取引できるように公開されています。

しかし、仮想通貨では一般向けに公開される前から資金集めとしてクラウドファンディング(クラウドセール)を行って資金集めを行うことがよくあります。

資金を集める際、その見返りが仮想通貨トークン(いわゆる引換券)で支払われるので、その時にもらえる仮想通貨は未公開の通貨という扱い。

実質的に未公開の通貨を購入したことほぼ同じ。

こうした未公開仮想通貨の購入のことを、株のIPO(Initial Public Offering)になぞらえてICO(Initial Coin Offering)、もしくはプレセールと呼ばれています。

未公開の仮想通貨を購入できれば、基本的に一番最安値の時に仮想通貨を入手することができるということで注目が集まっています。

現在は株式市場のIPOと比べても競争率が低く、購入しやすいのでICO投資は穴場といえるでしょう。

2.IPOとの違いは?

大まかな仕組みとしては、ICOと新規公開株(IPO)は同じ。

しかし、ICOとIPOには、次のような大きな違いが存在します。

扱う商品が違う

大きな違いの一つには、扱っている金融商品が違うこと。

ICOは仮想通貨が対象であるのに対し、新規公開株(IPO)は株が対象です。

売り出し主体の有無

新規公開株(IPO)だと、野村證券などの証券会社が幹事として株を売り出し、監査も行っています。

それに対し、ICOはIPOでいう証券会社のような幹事が存在しません

なので、証券会社など特定の金融機関でなく、誰でもICOで仮想通貨の資金を調達することができるのです。

明確な基準の有無

新規公開株のIPOに関しては決められた基準があるのに対し、ICOだと実施する人や事業者が自由に基準を定めることが可能です。

3.2018年おすすめのICO10選

Emphy

https://emphy.io/

エストニアに本社を置く、宿泊施設のレンタルサービス

家などを貸したい家主と、宿泊施設を探している旅行者をブロックチェーン技術でマッチングし、安全で信頼性のあるサービスを提供しています。

将来的には同業他社が進出する可能性もありますが、いまのところ同種のサービスを提供しているのはEmphyだけ。

NAU

https://tokensale.nau.io/en/

デジタルクーポン発行サービス

デジタルクーポンを使用することで、お店と顧客をマッチングさせるために、スマホとロケーションデータを利用。

地元の企業が、従来からの高額な広告モデルから脱却することを目指しています。

利用者が友人にお店を紹介して、その友人がお店で買い物してくれたら、お店が設定したNAUトークンを利用者に支払う仕組み。

PayPie

https://www.paypie.com/

ブロックチェーン上で構築されている、分散型会計プラットフォーム

ファイナンス、保険、コンプライアンス、監査など、金融業界の主要なサービスをブロックチェーンで実現するために、独自のアルゴリズムを使用しています。

Coinlancer

https://www.coinlancer.io/

イーサリアムがベースになっている、フリーランサー向けのプラットフォーム

フリーランサーとクライアントはスマートな契約を通じて遠隔接続。

クライアントは就職機会を掲示し、求職者は同じものを利用。

スマート契約で設定されたルールが満たされると、求人の支払いはCLトークンで行われます。

Graphgrail

http://graphgrail.com/

ブロックチェーン上で機能する自然言語に対応した初めての人工知能開発プロジェクト。

サンフランシスコ在住のアレキサンダー・ボロドッチ氏が始めたました。

ボロドッチ氏は、モスクワで「ベンチャー・クラブ」という開発者や投資家の教育を目的とした組織を設立した人物。

「ベンチャー・クラブ」は、ブロックチェーンの技術をロシアにはじめて紹介したことで有名な組織です。

FansUnite

https://fansunite.io/

ブロックチェーンを利用したスポーツ賭博ソリューション。

今までのスポーツ賭博には、価格、市場の選択、流動性、規制や制約、安全性など数多くの問題がありました。

しかし、FansUniteのプラットフォームを使用すれば、こうした懸念が解消された状態でスポーツ賭博を楽しむことができます。

Rentberry

https://rentberry.cryptonomos.com/

分散型の長期賃貸プラットフォーム

契約から賃料の支払いまで、物件賃貸における過程を自動化しています。

ブロックチェーン技術とスマートコントラクトのおかげで、当事者同士で直接法的な契約を結ぶことが可能。

そのため、入居者にとっては高い敷金を支払わなくて済みます。

Cypherium

https://www.cypherium.io/

アマゾンやグーグルなどの出身者が作ったチーム。

新しいブロックチェーン技術を開発しており、拡張性が高くて承認が不要なのが特徴。

またガバナンスをプロトコル層とアプリケーション層に分離していて、「多層ガバナンス」と呼ばれる独自技術が注目されています。

Loci

https://locipro.com/

知的財産を売買する機能を持ったプラットフォーム。

特許手続きの簡略化と刷新を目的としており、ブロックチェーン上で知的財産の請求範囲を投稿・公開できる仕組みを構築しています。

Giftz

https://www.giftz.io/

航空会社のマイルの仕組みを利用したプラットフォーム

航空会社がマイルを発行するように、食料品やサービスなどをトークン化する方法を提供しています。

Experty

https://experty.io/ja

分散型のコンサルティングプラットフォーム

コンサルタントが第三者による仲介無しで、安全に相談料を受け取ることができる仕組み。

コンサルタントは分単位で料金の設定が可能。

掲載しているプロフィールは外部にシェアでき、依頼者はそれを見て直接連絡。

相談料はスマートコントラクト技術で支払われます。

4.おわりに

未公開仮想通貨は今後、クラウドファンディングの新しいかたちとしてだけではなく、有効な投資手法としても期待されています。

気になる方は、少額から投資してみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

銭ラボおすすめのビットコイン取引所ランキング

仮想通貨でビットコイン(bitcoin)、イーサリアム(Ethereum),ライトコイン(litecoin)など、世界的に有名で安定性のある通貨を取り扱うなら、手数料も安いbitFlyer(ビットフライヤー)が初心者から上級者にオススメです。

取扱い通貨はビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュの3つと少ないですが、登録者数が多いので取引高が高く、24時間365日の入金が特徴的な取引所です。

2016年設立の新しい取引所。
ビットコイン、イーサリアム、リップル、ライトコイン、モナコイン、ビットコインキャッシュを取り扱っている。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*